親知らずは虫歯になりやすい?隣の歯が痛い原因と治療法

虫歯になりやすい親知らず

虫歯になりやすい親知らず奥歯の中でももっとも後方に生えている親知らずは、汚れが溜まりやすいこと、歯ブラシが届きづらいことから、虫歯リスクが高くなります。
特に、斜めに生えているケース、中途半端に生えているケースは、より虫歯になりやすいといえるでしょう。
親知らずの虫歯が疑われる場合には、ミライノデンタルクリニックにご相談ください。

虫歯の有無にかかわらず、二十歳前後で親知らずについての相談を

虫歯の有無にかかわらず、二十歳前後で親知らずについての相談を親知らずは、虫歯だけでなく、歯周病、歯並びの乱れといった口腔トラブルの原因になることがある歯です。
虫歯の有無に関係なく、また、生えている・埋まっているにかかわらず、二十歳前後を目安に一度ご相談いただければと思います。

虫歯になった親知らずは抜くべきか、治療すべきか

親知らずが虫歯になってしまった場合、もちろん他の歯と同じように、削った上で詰め物・被せ物を取り付けて治療することが可能です。
ただし、先述した通り親知らずは汚れが溜まりやすく・磨きにくい歯です。治療をしても、二次カリエスが生じる可能性がかなり高くなります。そのため、一度虫歯になったのであれば、基本的には抜歯をおすすめしています。

親知らずの隣の歯も虫歯になることも…

親知らずが磨きにくいということは、その歯と隣り合っている歯も磨きづらいということになります。親知らずが斜めに生えていたり、中途半端に生えているケースではなおさらです。
親知らずばかりか、その手前の歯まで虫歯になってしまうことは、なんとか避けねばなりません。

「親知らずが原因で手前の歯にダメージ」

親知らずの隣の歯が痛い原因と治療法

原因

親知らずの隣の歯が痛む場合には、虫歯、智歯周囲炎、歯並びの乱れが原因となっていることが考えられます。

治療法なります。

MTAセメントを用いた神経温存療法

主に、歯髄に達するほど進行した虫歯の治療に選択される治療です。
強い殺菌作用を持つ特殊なセメント「MTAセメント」を削ったところに詰め、その上から詰め物・被せ物を取り付けます。この治療の最大の特徴は、神経の壊死・炎症が少ない点です。
神経を保存しながら、再発リスクを抑える虫歯治療が可能になります。

ダイレクトボンディング

主に、小さな虫歯に対する治療です。
虫歯部分を削った上で、ハイブリッドレジンを歯に直接盛り付けます。当院では、マイクロスコープとラバーダムを活用した、より精密で安全性の高いダイレクトボンディングを行っております。

インレー・クラウンなどのセラミック治療

虫歯に対して行う治療です。
虫歯部分を削った上で、セラミック製のインレー(詰め物)、クラウン(被せ物)を取り付けます。
現在、もっとも美しく仕上がる虫歯治療と言えるでしょう。金属アレルギーの心配もありません。

根管治療

歯髄にまで達した虫歯に対して行う治療です。
細菌によって侵された根管を洗浄・消毒し、薬剤を詰めて封鎖します。その上で、被せ物を取り付けます。

矯正治療(ミライノ式矯正)

歯並びの乱れを原因としている場合に行う治療です。
装置によって歯並びを改善し、痛みの原因を根本から取り除きます。
当院では、ワイヤー矯正(表・裏)、マウスピース矯正(インビザライン)に対応しております。