前歯が大きい原因・矯正する治療と費用

前歯が大きい原因・矯正する治療と費用歯の大きさは、一人一人異なります。中でも前歯は、お顔の印象を大きく左右する歯と言えるでしょう。
その前歯が大きい・大きく見えることを気にされている方は、実は少なくありません。こういったお悩みも、歯科治療によって改善が可能です。

前歯が他の人より大きい・・原因はあるの?

前歯が大きい・大きく見える原因には、以下のようなものが挙げられます。

1遺伝

歯の大きさは、親から子へと遺伝します。お母様やお父様の前歯が大きいと、そのお子様の前歯も大きくなる可能性が高いと言えます。

2まわりの歯とのバランス

隣やその隣の歯が小さかったり、細かったりすると、平均的な大きさ・形の前歯であっても大きく見えます。

3出っ歯(上顎前突)

上の歯が下の歯より大きく前方に位置する出っ歯の場合、前歯が目立ち、大きく見えます。

4歯茎の退縮

歯周病、強いブラッシングなどによって歯茎が下がると、以前より歯が大きく、長く見えます。
特に前歯は目立つ位置にあるため、見た目上の変化が顕著です。

5生え替わり

永久歯は、乳歯より大きいため、その生え替わりによって、歯が大きくなります。

あなたの、前歯は【絶対的】に大きい?【相対的】に大きい?

あなたの、前歯は【絶対的】に大きい?【相対的】に大きい?前歯の実寸が本当に大きいのか、何らかの原因で大きく見えるのか、どちらに当てはまるのでしょうか。それによって、治療法も変わってきます。

1絶対的に大きい(実寸が大きい)

日本人の前歯の横幅は、男性で8.6ミリ、女性で8.5ミリが平均値です。
つまりこれより前歯が大きい場合には、絶対的に大きい、ということができます。

2相対的に大きい(何らかの原因で大きく見える)

まわりの歯が大きい、出っ歯である、歯茎が退縮している、生え替わりの時期であることなどが原因となって前歯が大きく見える場合には、相対的に大きい、ということができます。

【絶対的】に前歯が大きい場合の治療

絶対的に前歯が大きいという場合には、原因はその前歯自身にあることになります。
そのため、治療をするとすれば、前歯のエナメル質を削る必要があります。エナメル質の厚さは2~3ミリ程度あるため、0.5ミリ以内の削除であれば、基本的に問題ありません。
前歯を削って隙間が生じた場合には、矯正治療によってその隙間を埋めます。

【相対的】に前歯が大きい場合の治療

まわりの歯が大きいケース、出っ歯であるケースでは、矯正治療によってバランスを整えることで改善が可能です。
また、歯茎の退縮を原因としている場合には、歯周病治療、ブラッシングの改善などによって、それ以上の退縮を防ぐことが優先されます。その上で、遊離歯肉移植術、結合組織移植術といった方法で、退縮した歯茎を回復させるという方法もあります。
永久歯への生え替わりによって前歯が大きく見える場合には、ひとまず経過観察としますが、必要に応じて矯正治療などを行います。

前歯が大きい場合の矯正について

表側矯正

表側矯正歯の表側にブラケットを取り付け、そこにワイヤーを通して歯を動かす矯正方法です。
ほとんどすべての症例が適応となります。どうしても目立ってしまいますが、当院では透明のワイヤー(クリアワイヤー)もご用意しております。

裏側矯正

表側矯正歯の裏側にブラケットを取り付け、そこにワイヤーを通して歯を動かす矯正方法です。
のぞき込んだりしない限り、装置は見えません。装置は常に唾液に触れているため、表側矯正と比べると治療中の虫歯リスクは低くなります。

インビザライン(マウスピース矯正)

インビザライン(マウスピース矯正)薄く透明のマウスピースを交換していくことで歯を動かす矯正方法です。
見た目の良さという点では群を抜いています。また、食事・歯磨きの際には取り外せますので、装置に食べ物が詰まる、歯磨きがしづらいということはありません。
ただし、1日20時間異常の装着が必要で、これを守れないと、正しい効果は得られません。

なお、動かすのが前歯だけである場合には、インビザラインGoも選択肢の1つとなります。

前歯が大きい場合の矯正治療の費用について

前歯が大きい状態を矯正治療する費用はいくらかかる?

ワイヤー矯正(表・裏)、インビザラインなどの矯正治療が必要となりますので、「相談料」「検査料」「診断料」に加えて、使用する装置に応じた費用が発生します。加えて、保定期間に使用する「保定装置代」「経過観察料」も必要です。
ミライノ歯科・矯正歯科の場合は、それぞれ、以下の通りとなっています。

相談料(初回・2回目まで・以降30分毎) 5,500円
検査料 33,000円
診断料 77,000円
ワイヤー矯正(クリアブラケットの場合) 946,000円
ワイヤー矯正(メタルブラケットの場合) 891,000円
ブラケット関連 (前歯片顎ずつ)55,000円
(小臼歯片顎ずつ)33,000円
(ホワイトワイヤー片顎ずつ)33,000円
※最大242,000円の加算あり
マウスピース矯正(無制限・調整料込み) 946,000円
難症例加算(抜歯の場合・急速拡大併用の場合) 110,000円
マウスピース矯正(14ステージ・調整料込み) 594,000円
ポジショナー 55,000円
保定装置(片顎) 24,200円
経過観察料
(矯正治療終了後6ヶ月を目安とした定期検診の際)
5,500円

※全て税込み価格です。

一番上に戻る
080-8866-1624080-8866-1624 LINE無料相談LINE無料相談