予防歯科

予防の重要性~健康なお口で生涯健康に過ごすために~

予防の重要性~健康なお口で生涯健康に過ごすために~虫歯の代表的な症状である「痛み」は、初期にはほとんど現れません。歯周病においては、自覚症状が現れるころにはかなり進行していることが多くなります。 身体の病気でも言えることですが、虫歯も歯周病も進行するほど治療は大変になります。また、虫歯・歯周病の治療後も、お口がもとの状態に戻っているわけではありません。虫歯であれば、歯は削って詰め物や被せ物が取りつけられます。歯周病であれば、歯茎が下がったり、顎の骨が少なくなってしまいます。程度の差こそあれ、確実に、お口の健康寿命に影響を残します。
歯を1本でも多く残すため、そしてしっかりと噛める機能を維持ためには、予防が欠かせません。お口が健康であってこそ、何でも食べられ、よく笑え、健康な身体で過ごすことができます。 予防は、誰でも、今日からでも始められます。これまで予防に取り組んでこなかった方は、思い立ったその日に、歯科医院に相談してお口の予防をスタートさせましょう。

当院おすすめの予防歯科メニュー

定期検診

歯科衛生士が虫歯・歯周病をチェックした上で、プラーク・歯石を除去するクリーニングを行います。
定期検診に通っていることで、もし虫歯・歯周病が起こったときにも、早期のうちに治療を開始することができます。

ブラッシング指導

患者様のお口に合った歯磨きの方法を指導させていただきます。
歯ブラシやオーラルケアグッズの選び方など、気になっていることがあれば何でもお尋ねください。

PMCT

プロフェッショナル・メカニカル・テゥース・クリーニングの略称です。機械に取り付けた特殊なブラシで、歯の表面、歯間、裏側、歯と歯茎の境目まで、汚れを徹底的に除去します。
PMCTのあとは、舌で触って分かるくらいに歯がツルツルになっています。プラークが付着しにくくなり、虫歯予防に効果的です。

フッ素塗布

高濃度のフッ素を、歯に直接塗布します。0歳の赤ちゃんから安心して受けられます。
歯の再石灰化、歯質の強化が促され、虫歯を予防します。
効果は約3ヵ月持続するため、定期的に受けることをおすすめします。

治療が引き金となり口腔内が負のスパイラルに

診察室虫歯治療後、歯は元通りになるわけではありません。虫歯を治療するということは、歯を削り、詰め物や被せ物を取り付けるということであり、ケースによっては神経の除去も行われます。それだけ、歯の生命力が弱っていくとお考えください。また、天然の歯と詰め物・被せ物のあいだは、汚れが溜まりやすくなります。そこから虫歯が発生するリスクは、一度も治療をしていない歯の虫歯リスクより高くなります。特に治療を何度も繰り返していると、歯はどんどんと小さく、弱くなり、根管治療でも対応が難しくなると、最後には抜歯に至ります。
こうした負のスパイラルに陥ると、歯を次々と失ってしまうことになります。
治療は必要なものではありますが、「治療が必要な状態にならない=予防する」ことが、本当にお口の健康を守ることにつながる点は、忘れてはいけません。

セラミック治療が歯の予防に繋がる!?

詰め物・被せ物を使うにしても、その材料によって、その後の口腔トラブルのリスクが変わってきます。 自費診療となりますが、できる限り、お口と身体に優しい「セラミック」を選択されることをおすすめします。

虫歯・歯周病予防

セラミックの表面は、汚れが付着しにくい性質を持っています。
そのため、虫歯菌・歯周病菌がお口の中に留まりにくく、新たな虫歯・歯周病のリスクが低くなります。

虫歯や歯周病の再発予防

歯科用プラスチックや金属と比べ、作製したときの形状が長期にわたって維持されます。
そのため隙間が生じにくく、汚れの蓄積が抑えられるため、虫歯・歯周病リスクが低くなります。

金属アレルギー予防

詰め物・被せ物の一部にでも金属が使用されていると、金属アレルギーのリスクが発生します。
セラミックの詰め物・被せ物には金属が含まれていませんので、金属アレルギーが予防できます。もちろん、すでに金属アレルギーを発症している方にもおすすめします。

歯や歯茎の変色を予防

金属の詰め物・被せ物は、唾液にさらされることで溶けだし、歯や歯茎の変色を招くことがあります。
セラミックを使用することで、こういった変色を回避することができます。

口臭予防

汚れが付着しにくく、詰め物・被せ物とのあいだに隙間が生じにくいことから、口腔内の細菌の数が抑えられ、口臭の予防にも役立ちます。